English

アクアテック羽馬禮

私たちは世界に一つだけのミネラルウォーターを提供していきます。

OEMについて

OEMについて

販売促進

販売促進

実績一覧

実績一覧

8つの強み

8つの強み

自社工場

自社工場

プラント事業

プラント事業

シリカ効果

シリカ効果

企業理念

企業理念

16

ミネラルウォーター年間消費量16倍以上

ミネラルウォーター年間消費量
20年対前比較で16倍以上

1990年代と比較すると、日本国民一人当たりのミネラルウォーター年間消費量は約16倍以上に変化しています。日本においても環境汚染や健康意識向上などにより、「水」は無料のものから「買う」時代になっています。また、水の中でもミネラル成分にこだわった質の良い「水」を選択する人が増えています。単位量あたりの価格も上昇しており、世界の人口増加に伴い、さらに水の需要は高まっていくと考えられています。

0.01

%

水資源の0.01%以下

人間が利用できる「水」
地球上の水資源の0.01%以上

地球上には約14億立方キロメートルの水資源があると言われています。そのうち、97.5%は海水、淡水はわずか2.5%。しかもその約70%が雪氷や氷河で、残りは地下水。つまり、淡水として利用できる水は全体の0.01%、飲むことができる美味しいナチュラルミネラルウォーターに限定すると、さらに少なくなります。日本は水資源に恵まれた国で「水」が当たり前の存在ですが、このように「水」は非常に貴重な資源といえます。

70

%

体内水分の約70%は「水」

「水」は命の根源をなす物質
体重の約60~70%

胎児となると比重は約90%にもなります。また、人間は排泄、汗、呼吸などあらゆる活動を通じて一日約1.5Lの水分量を排出しています。絶えず、私たちは体内水分を循環させており、老廃物などを中心に排毒活動をして良い体内状態をキープしようとしています。これらを考慮すると、どれだけ摂取する「水」が重要なのかがわかります。